フェミークリニック”脱毛”情報局とは

顔の医療脱毛

顔の医療脱毛

ワキや脚に比べ顔の脱毛はなかなかなじみがないかもしれませんが、顔に生えているムダ毛が気になっている人は多いようです。

日本人はもともと毛が黒いので白い肌に黒いうぶ毛が生えていると目立ってしまいます。口回りやまゆ毛の間などは毛の量が少なく手軽にできるため簡単に自己処理で済ませてしまう方が多いですが、顔の皮膚は体の皮膚より薄く、非常にデリケートなので簡単な自己処理で済ませる場合でも最細の注意をはらう必要があります。

このような方にレーザー脱毛がおすすめ

顔及びその周辺を自分で処理するのが怖い

シェーバーや剃刀などを顔にちかづけるという行為は非常にストレスフルな作業となります。また万が一、顔に傷を付けてしまった場合取り返しのつかない事態になりかねません。 最も美に気をつかい、最もデリケートな部位であるからこそ、高い技術をもった専門医に医療脱毛してもらうほうが良いでしょう。

肌のダメージが気になる

自己処理による脱毛は毛を処理すると同時にどうしても肌にダメージを蓄積させてしまいます。特に顔の場合は皮膚も繊細で、薄くなった肌は思わぬ肌トラブルを引き起こす原因になるとともに化粧ノリが悪くなるなど、視覚的にも影響をあたえかねません。

痛みが気になる

レーザー脱毛を受ける際にほとんどの方が心配されることです。確かに顔の脱毛は他の部位より肌が敏感なため痛みをかんじやすい部位ですが当院の医療脱毛では極力痛みを低減する処置を行いながら施術します。

顔に生えてくる産毛の働き

ただでさえ敏感なお顔の肌。その肌に生える産毛を除去することに心配されるかたもおおいのではないでしょうか?産毛には以下の役割があるといわれています。

1、老廃物の除去
2、紫外線などから肌を守っている

うぶ毛が生え変わることにより古いうぶ毛が抜け落ちるときに老廃物も同時に除去しています。また紫外線などを肌に直接当てないようにするなどの役割もあります。しかし、現在は優れたスキンケア製品がたくさんあり化粧品のなかにも含まれていることが多いのでそれらで十分にカバーできるといわれています。また、うぶ毛が生えているとそこにほこりや皮脂が付着してしまいますので医療脱毛は衛生面でも優れているといえます。うぶ毛を処理することによりこのような毛穴の汚れトラブルも解消できるので肌荒れがしにくくなります。

なぜ顔に医療脱毛なのか

顔は簡単に自分でムダ毛処理できますが、シェーバーや毛抜きなどで処理をしていると、毛穴が次第にひらいていき、その毛穴に皮脂がつまり黒くブツブツしてしまう可能性があります。また。顔の皮膚は薄くデリケートなため万が一失敗したときのリスクも非常に高くなっています。これらのリスクを少なくするために高い技術力をもった医師のもとで適切な医療脱毛を受けることをおすすめします。

顔の脱毛に医療脱毛を行うメリットは脱毛効果以外にもあります。医療脱毛を行うことにより肌のきめを整え毛穴が目立ちづらくなります。また短い毛やまだらな毛もしかっかり脱毛することにより、肌のトーンが明るくなる美肌効果に加え化粧のノリもよくなります。スキンケアでくすみが解消されない方が顔のうぶ毛を処理することで肌が明るくなることもあります。光が当たった時の輝きも増すためツヤ肌を手に入れることができます。

注意して頂きたい事

自己処理の中止

どの部位でもいえることですが、施術前に自己処理されてしまうと高い脱毛効果を得ることができなくなってしまう場合があります。また、肌にダメージが蓄積された状態でのレーザー脱毛も好ましくありません。施術前には自己処理での脱毛行為を控えてください。

保湿

肌が乾燥していると十分な脱毛効果が得られないだけでなく施術後に肌トラブルを引き起こす原因となる可能性があります。施術前、施術後は十分に保湿に気をつかいましょう。